京都市中京区 四条烏丸 徒歩2分の法律事務所 「いつわ法律事務所」

取扱案件

事業者の方のご相談

事業者の方のトラブルやご相談をお受けしたケースをご紹介いたします。

行政処分:

2014年10月30日

行政処分

運転免許の停止や取り消しをはじめ行政権がその権限に基づいて公権力を発動することがあり、これを行政処分と呼んでいます。

ことに運送業、宅地建物取引業法などの業法によって許認可を受けて活動する事業者にとっては、例えば営業停止や免許の取り消しといった行政処分が一旦為されると事業者としての死活問題に関わることになります。

よく起こりうるケースでは、法人の役員が暴力事犯で罰金刑を受けたといったことが挙げられます。ほとんどの業法では、この場合、免許の取り消し事由となっていますので注意が必要です。しかしながら、早急に対応すれば免許の取り消しにまで至らないことも可能です。

また、処分の理由となった法律の解釈や事実認定をめぐって処分庁に対して不服の申立をすべき事案もあります。

当事務所は、個人や法人が自由であることに最大の価値を認めるものです。自由であり続けるためにどのように判断し、行動し、問題に対処すれば良いのか、法律家として責任をもって寄り添いたいと考えています。

暮らしのご相談
お金のご相談
刑事事件
よくあるご質問
京都四条烏丸の弁護士ブログ
お問い合わせは 075-257-7637 受付時間9:00-17:30

いつわ法律事務所

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル
手洗水町670番地
京都フクトクビル3F

阪急烏丸駅・地下鉄烏丸線四条駅 徒歩2分

▲ページの先頭へ